可能性の進化

サミ・ミアン
ヘデラ・ハッシュグラフ日本代表

ブロックチェーンと分散型台帳は、嵐のように世界を巻き込みました。フォーチュン100の会議室で議論され、ラップの歌詞で使用され、休日の家族の集まりで話し合われました。しかし同時にたくさんの失敗、価格の暴落や懐疑論も浮上しています。

分散型台帳と仮想通貨は本当に私達の生活に大きな影響を及ぼす技術になるのか?あるいは過ぎ去ってい行くトレンドに過ぎないのか?

これらの質問に対して自分の意見を持つには、2008年に登場したビットコインがどのような経緯と道筋で分散型台帳業界に進化していったかを理解する必要があります。

ビットコイン登場の瞬間をbitcoin.orgで見ると、質素なサイトに世界を変える要素を持った約束が記載されています:

ビットコインのリリースを発表します。完全に分散化されたシステム上で中央サーバーや信頼をしなければいけない組織が存在しないPtoPの電子マネー取引を可能にするシステム。ユーザーは自分の資金をアクセスできる暗号鍵を自分自身で保有し、二重取引を阻止するネットワーク上で取引をすることが可能になる。

デジタルゴールドとしてのBitcoinの起源から、新しい開発パラダイムを確立したヴィタリクまで、分散型台帳技術は完全に分散した世界を可能にし始めました。

分散型台帳の成長と、分散型台帳テクノロジーの進化において、新しいDAapを可能にする技術がどのように変化したかを理解しましょう