ヘデラ・ハッシュグラフがグローバルハッカソンの勝者とHedera MVPを発表

December 18, 2018 サミ・ミアン

テキサス州、ダラスー2018年10月18日ー非常に多様化したガバナンスを備えた次世代の分散型パブリック台帳であるHedera Hashgraphは、Hedera18のグローバルハッカソンと7つの地域別の優勝者と初代Hedera MVPの受賞者を発表しました。また、ハッシュグラフコミュニティに対して無料の教育リソースであるHashgraph.orgの立ち上げを発表しました。

Read article

可能性の進化

December 16, 2018 サミ・ミアン

ブロックチェーンと分散型台帳は、嵐のように世界を巻き込みました。フォーチュン100の会議室で議論され、ラップの歌詞で使用され、休日の家族の集まりで話し合われました。しかし同時にたくさんの失敗、価格の暴落や懐疑論も浮上しています。

分散型台帳と仮想通貨は本当に私達の生活に大きな影響を及ぼす技術になるのか?あるいは過ぎ去ってい行くトレンドに過ぎないのか?

Read article

ヘデラを活用して業界「破壊」を引き起こす7つの分散型アプリ

December 14, 2018 サミ・ミアン

ヘデラ・ハッシュグラフは世界初の高速、公平、セキュアな公開分散型台帳(Public Ledger)です。現在100以上の分散型アプリ(Dapps)がヘデラプラットフォーム上で開発を進めています。開発者のコミュニティーはディスコード(Discord)上で5000人以上、そして世界中でミートアップに参加した方は38ヶ国で1万人を超えました。

..

Read article

「ヘデラ・ハッシュグラフ」メインネット稼働開始の瞬間とは?

August 29, 2018 サミ・ミアン

 ダラス、テキサス州ー2018年8月24日

私達のビジョンは、大企業でも安心して活用できる高速で分散化された最もセキュアなプラットフォームを創ることです。ヘデラの圧倒的なスピードと低コストにより..

Read article

ネットワークローンチ間近!次世代の分散型台帳「ヘデラ・ハッシュグラフ」が110億円の資金調達完了。

August 13, 2018 サミ・ミアン

 ダラス、テキサス州ー2018年8月1日

次世代の分散型台帳技術を開発するヘデラ・ハッシュグラフが継続的な事業開発のために適格機関投資家から110億円の資金調達を完了しました。来月にはネットワークがローンチし、パートナー企業にアクセスを付与しながらヘデラ・ハッシュグラフのプラットフォームを活用した様々な分散型アプリの開発が加速していく見込みです。

Read article

分散型台帳が自由で公平な選挙を可能にする

July 17, 2018 サミ・ミアン

 投票は国民一人一人の義務、そして民主主義の根幹でもあります。でも知っていましたか?18億人以上の人達が投票しないことを。過去5年間だけでも、52ヶ国で何らかの選挙妨害がありました。私たちヘデラは選挙妨害や操作がない、自由で公平な投票ができる世界を分散型台帳の革新で可能にします。

Read article

「安全」の定義ってなんだろう?

July 10, 2018 サミ・ミアン

ブロックチェーンの速度、安全性、公平性という問題点を解決すべく、新しい分散型台帳技術が誕生しています。速度に関しては1秒に何取引、何秒以内に同意形成が出来る?と聞けば比較できます。公平性については取引の順番を決める方法は公平なの、どんな方法?と聞けます。安全性についてはあなたはaBFT、pBFT、BFT、それともBFTじゃないの?と聞けます。今回はこの「安全」について書きます。

Read article

女性の参加でブロックチェーン業界を活性化させよう!

July 05, 2018 サミ・ミアン

フォーブス紙によると、ブロックチェーンや仮想通貨はこの世界に大きな革新をもたらす技術だと称されているが、業界の女性参加率は5-7%に留まっています。女性の参加率を上げれば新しい可能性も格段に増えるでしょう!

Read article

米国の信用組合コンソーシアムが「ハッシュグラフ」を選んだ理由

June 25, 2018 サミ・ミアン

米国の信用組合コンソーシアムであるCULedgerヘデラ・ハッシュグラフとの提携を発表しました。海外送金を容易且つ安価にするためにヘデラ・ハッシュグラフのプラットフォームを活用したシステムを構築します。CULedgerはすでにスワールズ社が提供するハッシュグラフの許可型台帳を使用していました。

Read article

ブロックチェーンが安全ではない理由 ~その2~

June 15, 2018 サミ・ミアン

前回の記事では、ブロックチェーンへの攻撃やハッキングが増えてきている中でその安全性について示唆した。51%攻撃という種類のものがあれば悪さができると言われているが、実際は34%が悪意を持てば不正な取引を行うことができる。思った以上にセキュリティーに関して敏感になる必要性があるということでもある。

Read article